福岡市の北京・ニーハオ中国語センター福岡校のお知らせ

皆さん集う!毎月開催中国語イベント

2016年04月24日掲載

みんなで祝おう元宵節

~肉まんと元宵を食べる会~

今年2017年2月11日は、春節から15日目の締めくくりの日です。中国では、この日に元宵(湯圓とも言います)を食べる習慣があります。春秋時代の終りには元宵を食べる習慣があったと言われています。お湯の中に浮かんだ甘い餡の入ったもち粉の皮のお団子に変わって今に至ります。満月のように丸く、銀元(昔のお金)のように白い湯円には、団らんの意味があり、幸福の象徴でもあります。ニーハオの講師と一緒に肉まんと元宵を作って本場の春節のお祝いを体験しませんか。


日 時:2017年2月11日(土)

    18:00~20:00

場 所:北京・ニーハオ中国語センター 天神校

料 金:在校生1500円

   (当日支払いの場合2000円)

 外部の方2500円 

*肉まん、元宵、中国茶代

締 切:2月10日(金)当日のキャンセルはご返金できませんのでご了承下さい。

 北京・ニーハオ中国語センター

  福岡市中央区舞鶴1-2-1天神陽明ビル2

      TEL:092-714-3005 

       HP: www.pekin2180.com

ーーーーーーーーーーーーー

~台湾の先生に習う中国茶~

中国語で習う中国茶講座

 

2月の講座では柚香烏龍茶と花蓮蜜香紅茶をご用意いたしました。春節後のお茶として最適な春茶を紹介します。前者は日本の柚子ではなく、「文旦」という果物を言います。茶葉の香りは茉莉花茶のような鮮やかさはないですが、しっとりと透明感のある柚子の香りが冬の寒い身体を温めてくれます。後者の花蓮蜜香紅茶は、台湾の花蓮地方で採れたお茶です。蜜のような甘い香りを持つのが特徴です。誕生は1980年代半ばにチャノミドリヒメヨコバイと呼ばれる昆虫にかまれた茶葉が独特の香りを放つことを偶然発見したのがきっかけです。両者とも「口福」であること事間違いなしです。お茶請けには歯ごたえがある甘い梅のデザート、Q(茶梅)と芝麻蛋捲(胡麻ロール)をどうぞ


講師:陳 怡静         

日時 : 2016 214日(火)14301600

場所 : 北京・ニーハオ中国語センター 天神校

料金 : ¥2.000 (資料・お茶請けつき)

申込み締切:213日(月)まで 

当日お支払いの場合: ¥2.500

当日のキャンセルの場合、ご返金できませんのでご了承下さい。

定員 : 6 (2名から開講)  

北京・ニーハオ中国語センター

福岡市中央区舞鶴1-2-1天神陽明ビル2

TEL:092-714-3005 

メール:beijing2180@yahoo.co.jp

HP:www.pekin2180.com


-----------------------------


故郷紹介 山西省

    無料中国語イベント

 

山西省といえば、皆さんは何を思い出しますか。山西省の大同市にある雲岡石窟寺院は、中国を代表する仏教石窟で、2001年に世界遺産(文化遺産)に登録されています。懸空寺は断崖絶壁に建つ寺院だということで有名で、観光客も多く訪れる人気スポットとして知られています。食で有名なのが、なんといっても刀削麺!片手に生地、片手にくの字型に曲がった包丁を持って湯の沸いた鍋の前に立ち、生地を細長く鍋の中に削ぎ落としてゆでる姿は日本でもよく知られています。昨年、北京・ニーハオの講師になった山西省生まれの王永麗講師が故郷紹介をいたします。皆さんの知らない山西省について教えてくれます。詳しくなりたい方はぜひ北京・ニーハオにいらして下さい。この後本場中華料理を食べる会も実施します。肉夹馍(中国式ハンバーガーと凉皮を食べに行きます。興味のある方ぜひご参加ください。(実費負担)


◆開催時間:2017129日(日)16151715

◆開催場所:北京・ニーハオ中国語センター   

◆内 容:王永麗講師による山西省の紹介。名物や風景などご紹介します。   

◆申込み:先着10名(参加費:ニーハオ生徒様無料!外部の方1500 )               

北京・ニーハオ中国語センター

福岡市中央区舞鶴1-2-1天神陽明ビル2

TEL:092-714-3005

HP:www.pekin2180.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     台湾の先生に習う中国茶~

中国語で習う中国茶講座

 

新年始めの講座では安渓鉄観音と水仙烏龍茶です。前者は福建省南部にある安渓で栽培されている中国国内でも最高に大変美味しいと評されている烏龍茶です。香りは色々なお花で例えれていますが、どれにも共通して言えるのは芳醇で甘い香りで丸みがあるので大変飲みやすく古くから愛されてきたことが納得できるお茶です。後者は水仙の茶樹から作られていることからこの名前なのですが、日本では「黒烏龍茶」と呼ばれています。焙煎がよく効いているので、茶葉は厚みがあり、淹れると美しい赤褐色です。濃密な香りですが後味はさっぱりとしています。2種類のお茶と共に頂く今回のお茶請けには香菇餅(しいたけクッキー)と金桔糖(キンカンの砂糖漬け)をどうぞ。

        


講師:陳 怡静         

日時 : 2017117日(火)14301600

場所 : 北京・ニーハオ中国語センター 天神校

料金 : ¥2.000 (資料・お茶請けつき)

申込み締切:116日(月)まで 

当日お支払いの場合: ¥2.500

当日のキャンセルの場合、ご返金できませんのでご了承下さい。定員 : 6 (2名から開講)  

    

北京・ニーハオ中国語センター

福岡市中央区舞鶴1-2-1天神陽明ビル2

  TEL:092-714-3005 

  メール:beijing2180@yahoo.co.jp

  HP:www.pekin2180.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



▼イベント・ギャラリー・お知らせ一覧ページへ▼

トップへ