福岡市の北京・ニーハオ中国語センター福岡校のお知らせ

日中高齢化福祉の現状

2018年05月21日掲載

中日高齢者福祉の現状

日本の高齢化社会は年々進んでいますが、中国でも高齢者社会の問題を抱えています。人口の多い中国では65歳以上が1.5億人いると言われています。日本の介護サービスを中国に提供する業務に携わる申さんをお迎えして、中国と日本の高齢者に対する福祉の現状について講義をしていただきます。介護現場で活躍する方の生の声を聴く機会は貴重です。ぜひご参加ください。

講師: 申 云 (Shen Yun)

中国知学学院名誉教授。来日してから6年間介護現場の仕事を務め、その後、今年の4月まで社会福祉法人創生会中国事業部部長として中国への介護事業展開に関わるトータル業務を担当。20184月株式会社TAKU商会を創立、真融企業管理諮詢(上海)有限会社養老事業顧問としても務めています。中国の国家政策に合わせ、日本式介護サービスの提供及び介護施設の立ち上げに関わるコンサルタント業務も経験した介護のプロフェッショナル。

 

内容: ①日本&中国の高齢化の現状について

②中日高齢者福祉制度の違い

(保険制度,専門資格,補助制度,介護職員の現状)

③中国の高齢者施設に関する事例紹介

日時:2018年 71日(日)12時半~14時 

   受講料:1,000

北京・ニーハオ中国語センター

福岡市中央区舞鶴1-2-1天神陽明ビル2

TEL:092-714-3005   HP:www.pekin2180.com                                                                                                                                  


▼イベント・ギャラリー・お知らせ一覧ページへ▼

トップへ